HOME >  アパートオーナーの心得 >  管理業者以外にもネットワークを

管理業者以外にもネットワークを

どんな仕事でもそうですが、人と人とのつながりというのは非常に貴重です。アパート管理会社とのパートナーシップやオーナー仲間の大切さは、すでに 他のページでお話している通りですが、ここではアパート経営をより確固なものにする人脈・ネットワークづくりについて説明したいと思います。

ネットワークの強化がアパート経営成功の秘訣

アパートの管理は委託した・・・しかしイザという時のために、できればお近づきになっておきたい人たちがいます。それは、何か重大なトラブルが起きた時に手助けをしてくれるであろう職種の方々です。

リフォーム業者の役割と選び方

アパート事業のネットワークに組み込むべき業者のひとつは、リフォーム会社です。リフォーム業者はピンキリで、高額な修繕代をとる業者もいれば、格安で最高の出来映えに仕上げる業者もいます。

特に、原状回復リフォームはアパート事業の収益に大きく影響する要素なので、妥協は許されません。いい業者の情報はオーナー仲間から頂戴し、そこから関係を緻密にしていくのがアパートオーナーの腕の見せ所です。

ただし、注意点がひとつ。アパートの管理会社によっては、リフォーム会社を自由に選ばせてくれないことがあります。こんな点にも融通が利く管理会社を選ぶようにしておきましょう。

アパート経営における税理士・弁護士の役割

税金が大きく絡んでくることもあり、税理士や弁護士の情報は不可欠です。懇意になっておけば、いざというと きに非常に心強い味方になってくれるでしょう。

アパート事業の収益は税金が大きく絡んできますので、税金の知識が深い税理士 は非常に頼りになります。アパート経営において経験豊富な税理士さんをみつけておきましょう。

また、トラブルが発生したときは、弁護士の力を借りるのが得策。法的措置をとることも珍しくないアパート管理という仕事ですから、万全に越したこ とはありません。