HOME >  物件管理委託のメリット&デメリット >  メリット2)遠方でも管理してもらえる

メリット2)遠方でも管理してもらえる

個人の例になってしまい恐縮ですが、わたしは東京都内に自宅を構えています。そして所有するアパートは、都内と茨城にあります。このように遠方に住んでいる場合には、アパート管理会社の力を借りする必要性がでてきます。

遠方のアパート管理は委託したい

家のそばにある都内の物件はちょこちょこ様子を見に行くことができるものの、遠方ではそうそう簡単に足を運べません。何かトラブルが起きたときにすぐに駆けつけられないのは問題ですし、清掃もしないまま何週間も放置することはできません。そんな時、どうすればよいのでしょうか。

アパート経営業界内には、広範囲で展開している会社がありますので、遠方にある不動産でも管理してもらえます。現にわたしも、お世話になっている管理会社に都内と茨城、両方の物件の管理を委託しています。お任せしてしまえば、茨城まで足を運ぶ労力や時間が省けますし、「メリット1」で挙げたような利点もあります。

他のオーナー仲間でも、東京にいながらして千葉や埼玉のアパートを管理している人は大勢います。委託費用はかかるものの、特に物件が遠方の場合には、無理に自力で管理しようとせずに、業者を利用することを検討したほうが何かと良いと思います。

幅広く管理しているアパート管理会社に頼むメリット

遠方以外でも、複数の物件を保有している場合には管理会社へ委託することでアパート経営が円滑にまわってきます。また、物件同士の場所が離れていても、すべて管理してくれる業者を探すとよいでしょう。

私の場合も、以前はアパートの管理を2社にお願いしていたのですが、現在は1社に委託しています。というのも、いまお世話になっているアパート管理会社は対応している範囲が広いため、まとめての管理をお願いできるからです。もし遠近各地に物件を保有している場合には、幅広い範囲で管理をされている業者を見つけるといいかと思います。

「管理会社の1社と2社に、そう違いはないだろう」と当初は考えていましたが、1社にしぼったことで頭の中が整理された気がしています。また、わたしの秘書(?)である妻も、「1社の方が担当の方と懇意になれるし、入金や出金のチェックが楽よ」と喜んでいますね。