HOME >  物件管理委託のメリット&デメリット >  デメリット)費用がかかる

デメリット)費用がかかる

ここまでアパート管理を専門会社へ委託するメリットばかりについて紹介してきましたが、勿論プラスな面ばかりではありません。委託会社でアパートを管理してもらうことで、一体どんなデメリットがあるのでしょうか。

アパート管理費用の相場とは?

管理委託を大きな柱にして、アパート事業には何 かとお金がかかるものです。サービス内容によっても異なりますが、賃料の5%程度が相場でしょうか。例えば家賃が80,000円とすると、1部屋につき4,000円を管理会社にお支払いします。20部屋あるなら、80,000円。ひと月につき、1部屋分の賃料が管理費代として消えていく計算になります(消費税は別途です)。

また、入居者募集の広告を出す際には、賃料の1ヶ月分が請求されることがほとんどです。その他にも、弁護士や税理士、家賃保証会社の力を借りる方もいらっしゃることでしょう。アパートの管理を委託するということは、当然ながらお金がかかるものです。

賃料の5%は安いか、高いか

このアパート管理費用は、果たして経営のデメリットなのでしょうか。

「高いか安いか」「損か得か」、感じ方は人それぞれだと思います。わたしは、「業者に管理してもらうメリット>月々にかかる費用」だと日々感じていますので、特にデメリットだとは思っていません。

もしアパート事業一本で生計を立てて行く覚悟をお持ちなら、それはそれで道が開けると思いますが、兼業投資家ならば、お金を払ってでもまわりの力を借りるべきだと、私は思います。

ネットバンキングで完全個人経営も可能!?

現在はインターネットの進歩があって、お金の管理もネット上でできるようになりました。この仕組みを利用して、ネットバンキングでアパート事業を行っている人達もいると聞きます。入金と出金を自分の目で見て確かめられるのは、とても楽ですよね。

それでもやはり、「清掃は? クレーム対応は? ひとりでできるものなのか?」という疑問がチラつきます。経験者から言わせていただくと、やはりアパートの管理はプロである会社にまかせた方が、安心だと思います。